家の塗り替え費用と相場を簡単チェック

家の塗り替え費用と相場

 

塗り替えにどれくらい費用がかかるのか?
塗装の塗り替えをするに当たり、一番心配な点ではないでしょうか?

 

家の塗り替えは、一般的に100万円前後の費用が必要で、決して安い金額ではありません。
実際見積もりをしてみたけど、思った以上に高額で困っている方も多いと思います。

 

「この金額は相場から考えると普通なの?それとも高いの?」

 

こういった悩みをお持ちの方も多いようで、家の塗装の相場が分かると判断基準ができてうれしいですよね。
そこでおすすめなのが、相場や費用を気軽にチェックできるサービスです。

 

相場や費用を気軽にチェックできる

相場や費用を気軽にチェックできるサービスとは、いわゆる一括見積もりサイトです。

 

一括見積もりの難点は営業電話のわずらわしさなんですが、、家の塗装の一括見積もりの場合、業者からの営業電話がかかってこないサイトが結構あり、気軽に利用できるのがポイントなんです。

 

中でもヌリカエというサイトは、その場で相場のチェックができるため人気で、まず相場を知りたい方にはかなり便利です。
その後は専門アドバイザーに相談などができ、希望する金額や内容で業者を探してもらうこともできます。

 

ヌリカエ→https://www.nuri-kae.jp/

 

また、より安い塗装業者をお探しの方は、リショップナビがおすすめです。
半額近い格安でできたという方も多く、予算の少ない方にはおすすめのサイトです。

 

リショップナビ→https://rehome-navi.com/

 

 


塗り替えにかかる費用

 

家の塗り替えにかかる費用ですが、塗料の他にも様々な費用がかかります。
足場がその良い例ですが、意外と費用がかかっています。

 

そこで、塗り替えに必要な費用を簡単に説明しようと思います。

 

塗料

まず一番費用がかかるのが塗料です。
塗料と言っても実に様々な種類、メーカーがあり、その金額も様々です。

 

今個人宅で一番使用されているのはシリコン系塗料ですが、同じシリコンでも様々な商品があり、値段・耐久性・特徴が違います。
そのあたりをしっかり確認しておかないと、「見積り額は安いけど実は塗料が違った」なんてこともあります。

 

特にシリコンは最も使われているだけに、そういったトラブルが多いようです。
商品名も含めて見積もりの際には聞いておいてください。

 

安いシリコン塗料は半分程度の耐用年数しかないものもあります。
シリコンだから大丈夫と思わず、しっかり確認してください。

 

 

高圧洗浄

これは塗装前に必ず必要な工程で、既存の塗装についている汚れや油分を洗い流す作業になります。
計算方法はu当たりの単価×u数になります。
「一式」と書いていたりもしますが、見積書で項目がないか確認してください。

 

 

付帯塗装工事

これは壁以外の部分の塗装に関する費用です。
例えば雨どいや軒天、天戸などですね。

 

これらは壁とは違う食いつきの良い塗料を使用するのが一般的ですので、しっかり分けて書かれているか確認してください。
いい加減な会社は壁と同じ塗料を使用したりしますが、雨どいなどはすぐに塗料が剥がれたりするので、普通は種類の違う塗料を使用します。

 

 

シーリング補修

これはシーリングと言われる壁材の隙間などの充填剤です。
年数が経過すると劣化し、この部分から雨水が侵入し、中の木材などを侵食してしまいます。

 

そのため、痛んでいる部分の打ち替えや増し打ちが必要です。
ここもいい加減な会社は一切せずに、上から塗装をするだけです。

 

事前の見積もりで痛んでいないか確認してもらってください。

 

 

足場代

足場は意外と費用が必要な部分で、しっかり確認が必要です。
足場には当然材料が必要で、ビテイ足場、ビケ足場、単管足場の主に3種類が使用されます。

 

これらは現場の状況によって使い分けをしますが、この材料を自前で持っている場合と、現場ごとにリースする場合があります。
その施工も自社で行う場合と、足場専門の会社に依頼する場合の2種類があります。

 

この組み合わせで費用が変わってくるので、確認してみてください。
当然ですが、自社材料自社施工が一番安いです。

 

あと、足場代無料とうたっている会社がありますが、その分を他の費用に組み込んでいるだけなので惑わされないようにしてください。
足場が無料なら安い気がしてしまうのですが、実際には総額が高いケースが多いです。


塗り替え時期はいつ?

 

「塗り替え時期はいつぐらいが良いのか?」
これってみなさん考えるでしょうし、かなり気になるポイントではないでしょうか?

 

結論から言うと、家の塗装の塗り替え時期は、正直早ければ早いほうがいいです。

 

塗装は家を雨や太陽光によるダメージから守ってくれる、大事な役目をしています。
ただ単に景観をよくするためだけのものではなく、家にとってなくてはならない重要な部分なんです。

 

そのため、本来の効果を発揮できなくなった塗装は、家の寿命を短くし、最悪壁材や中の構造材を補修する必要が出てしまうかもしれません。
もしそうなると数百万円単位での出費が必要になり、本当に大きな費用をかけなくてはいけません。

 

では、どのような状態になったら塗装を塗り替えなくてはいけないのか?
そのサインは素人目で分かるものもあれば、プロが見ないと分からないものもあります。

 

ここでは、目で見て確認できるサインをいくつか挙げてみたいと思います。

 

  • チョーキング(粉吹き)
  • シーリングのヒビ
  • 変色や腐食
  • 明らかな退色(色あせ)

 

これらの症状がみられる時には、塗装屋さんに診断を仰いでください。
また、例えば新築から10年〜15年程度経過していたら、まず塗り替えの時期です。

 

使用されている壁材、塗料によっても違いますが、おおむね10〜15年で塗り替え時期にきていると考えて間違いないです。
心当たりのある方は、上記のような症状がないか壁を見てみてください。


家の塗り替え一括見積もりサイト

ヌリカエの特徴
ヌリカエは相場のチェックがその場でできる便利なサイトです。
入力が簡単でスマホからでも気軽に利用できるので、塗装の一括見積もりでは一番利用者の多いサイトになります。

業者からの営業電話の心配がないので、電話が苦手な方におすすめです。
アドバイザーにいろいろと相談したり聞いたりできるので、家の塗装の事が全く分からない方は、このサイトが安心だと思います。
価格 無料
評価 評価5
備考 その場で相場チェック可能

リショップナビの特徴
リショップナビは、費用をなるべく抑えたい方におすすめのサイトです。
他社の見積もり額より大幅に安くなったという口コミも多く、実績のあるサイトでもあります。

いろんな塗装業者の見積もりを比較できるので、納得して業者を決めることができます。
どこの塗装屋さんを選べばよいのかわからない方も、信頼できる業者のみ登録しているので安心です。
価格 無料
評価 評価5
備考 半額近くになった方も!

外壁塗装セレクトナビの特徴
外壁塗装セレクトナビは、塗装業者での契約お祝い金として、最大で10万円がもらえるうれしいサイトです。
他にはないサービスなので、かなり特徴的です。

もちろん数社を比較でき、かなり安くなったという方も多いので安心です。
業者も厳正な審査をパスした塗装業者のみなので、信頼できる会社をお探しの方にもおすすめです。
価格 無料
評価 評価4.5
備考 最大10万円のお祝い金!
page top